新電力に切り替えて電気料金削減するなら株式会社トラストサポート

よくある質問

HOME > よくある質問

なぜ、新電力に切り替えただけで電気代が下がるのですか?
電力の自由化により既存の地域電力会社10社(中部電力、関⻄電力等)以外も電気を小売できるようになり、低価格の電力会社を選ぶ事ができるようになったからです。既存の地域電力会社も他地域で余剰電力を低価格で販売するようになったため、消費者はますます安い電気を利用できるようになっています。
新電力への切り替え時に工事は必要ですか?
新電力会社によっては、計量器の取り替えが必要な場合がありますが、お客様の費用負担は一切ありません。
弊社が高圧でおすすめしている関⻄電力に関しては、計量器の取り付け等の工事は必要ありません。
新電力に切り替えると費用は発生しますか?
新電力への切り替えに費用は発生しません。弊社のサポート費用は電気料金削減金額に応じた歩合制となっているため、お客様の負担は一切増えることはありません。
新電力を使用すると停電が起きたりしませんか?
新電力への切り替え後の送電には、今までと変わらず、既存の地域電力会社の送電網を使うため品質は変わりません。万が一、新電力会社が倒産するような事があっても、一般電気事業者である地域電力会社10社(中部電力、関⻄電力等)には、消費者に対し、最終的に電気供給を行う義務があります。一般電気事業者は、最終保障約款を定め、経済産業大臣に届け出ています。
新電力に切り替えるデメリットはありませんか?
新電力を解約する際に、契約から所定の期間を経過していないと解約手数料がかかる場合があります。弊社がおすすめしている関⻄電力の場合、契約後、3ヶ月以内に解約すると解約手数料がかかります。
高圧、低圧ともに対応していますか?
中小規模の工場や中規模のビルなどで利用される高圧電力と小規模な施設や事務所で利用される低圧電力、どちらも取り扱っています。現在、どちらの電力を使用しているか確認したい場合には、電気料金明細書の「契約種別」をご確認ください。また、高圧電力を使用されている場合には施設内にキュービクルがあります。キュービクルの「あり」「なし」でも高圧、低圧の確認をする事が可能です。
どの新電力がおすすめですか?
御社の状況をヒアリングさせていただき、最適な電力会社をご提案します。高圧電力では、関⻄電力に切り替えた場合の削減額が大きく、会社の信頼性が高いためおすすめする事が多くなっています。低圧電力の場合にも、上場会社を含め数社から最適な電力会社を選定致します。
新電力にするとどれくらい安くなりますか?
お客様の現在の電気利用状況に応じて、削減額は異なってきます。概ね10~15%ほど電気代を削減できるケースが多いように見受けられます。

まずは、電気料金削減診断にお申し込みください。

〒471-0044愛知県豊田市新町4-17-2

©2019 株式会社トラストサポート